ホーム > 市政情報 > 国際交流 > チュニジア共和国との交流

ここから本文です。

更新日:2015年5月7日

チュニジア共和国との交流

モザイク画の寄贈

橿原市役所本庁1階ロビーに飾られているモザイク画は、チュニジア共和国から寄贈されたものです。2002年FIFAワールドカップでのキャンプ地として橿原市を訪れられたチュニジア共和国から、「友情の証」としてモザイク画をいただきました。

 

『四季のネプチューン』
ローマモザイク(2世紀末)の複製品 チュニジアパルドー国立博物館

モザイク画

この作品には、海馬(馬の前足とイルカの尾を持つ神話上の馬)に引かれる戦車の上に立ち、半魚神トリトンと海の精ネレイスに導かれ、勝利を誇る海神ネプチューンの姿が描かれています。ネプチューンは、彼を象徴する三つ又の鉾とイルカを手にしており、彼の後ろに射す後光が創造神として、世界の王としての神の力を示しています。ネプチューンは、ローマ・アフリカ(現在のチュニジア)では水と多産の神として崇められ、また穏やかな気候と適量の雨、つまり豊作をもたらしてくれるものとも言われています。本作品は原画の一部を複製したものですが、この原画の四隅にそれぞれの季節を表す4人の女性が描かれている理由もそこにあります。魚の源であり商船の行き交う場所である海はまた、富と繁栄を生み出すものとされてきました。水をテーマとするものは、一般的に吉兆を招き、悪しきものから身を守るものとして描かれています。

お問合せ

所属課室:総合政策部企画政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1108

ファックス番号:0744-21-1128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?