ホーム > 市政情報 > 統計 > 平成30年住宅・土地統計調査単位区設定

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

平成30年住宅・土地統計調査単位区設定

住宅・土地統計調査単位区設定とは

平成27年国勢調査調査区のうち、総務大臣が指定する調査区において、平成30年2月1日現在で「住宅・土地統計調査単位区設定」を実施します。

1月中旬より、調査対象調査区を奈良県知事が任命した指導員が巡回しますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

単位区設定の概要

「平成30年住宅・土地統計調査」(調査期日:平成30年10月1日)の実施に先立ち、調査員が担当する調査区域を明確にし、調査の円滑な実施と結果精度の向上を図るために実施するものです。

単位区設定の時期

平成30年2月1日現在によって設定します。

単位区設定の方法

奈良県知事が任命した指導員が担当調査地域を巡回し、住宅及び住宅以外で人が居住している建物(以下「住戸」といいます。)の確認を行うとともに、「幅員6m以上の道路までの距離」「最寄りの郵便局・銀行までの距離」「最寄りのバス停留所までの距離」「最寄りの鉄道の駅までの距離」に関する調査区情報を収集します。

1月中旬から2月中旬にかけて、指導員がアパート・マンションなどの建物内の住戸数や、寮・事務所・社会施設・病院などの居住世帯の有無の確認をさせていただくこともありますので、調査へのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

※指導員は、奈良県知事が発行した顔写真付の「指導員証」を必ず携帯しており、厳格な守秘義務が課せられています。

お問合せ

所属課室:総合政策部企画政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1108

ファックス番号:0744-21-1128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?