ホーム > 市政情報 > 統計 > 平成27年国勢調査

ここから本文です。

更新日:2015年6月26日

平成27年国勢調査

インターネットで回答できます!

平成27年国勢調査では、インターネットを使用して、パソコンやスマートフォンから回答できるようになりました。インターネットで回答いただいた場合は、以降、調査員は訪問しません。ぜひご利用ください。

便利 ・・・都合のよい時間に、いつでも回答できます。
簡単 ・・・画面の説明に沿って、簡単に入力できます。
早い ・・・入力を終えると回答は完了です。以降、調査員は訪問しません。

senmira01

 

調査の概要

国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査です。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、大正9年より5年ごとに実施されており、平成27年調査は第20回目にあたります。調査の結果は、議員定数の決定、地方交付税の配分など、国や地方公共団体のあらゆる施策の基礎資料として利用されます。また民間においても、さまざまな分野で幅広く活用されています。

調査の法的根拠

「統計法」(平成19年法律53号)に基づく「基幹統計調査」です。

調査の期日

平成27年10月1日現在で実施します。

調査の対象

平成27年10月1日現在、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯

主な調査項目

世帯員について

「男女の別」、「出生の年月」、「配偶の関係」、「就業状態」、「従業地又は通学地」など13項目

世帯について

「世帯員の数」、「住居の種類」、「住宅の建て方」など4項目

調査の方法

(1)総務大臣から任命を受けた国勢調査員が、9月上旬より各世帯を訪問し「インターネット回答の利用案内」を配布します。インターネットによる回答を希望される場合は、9月20日までにパソコンやスマートフォンでご回答ください。
(2)その後、インターネットによる回答のなかった世帯にのみ、9月下旬に紙の調査票を配布します。調査票にご記入いただき、調査員へ直接手渡すか、返信用封筒により郵送でご提出ください。

H27国勢調査流れ 

個人情報の保護

国勢調査では、統計法によって厳格な個人情報保護が定められています。国勢調査に従事する者にも、統計法による守秘義務が課せられています。インターネットを利用した回答においても、通信は暗号化され、不正なアクセスなどの監視を24時間行います。みなさまの個人情報は厳格に保護されます。

なお、回答いただいた内容は、統計の目的以外に使用することは絶対にありません。提出された調査票は厳重に管理され、集計が完了した後、完全に溶かして処分します。

「かたり調査」にご注意ください!

「かたり調査」とは統計調査をよそおって、電話で個人情報を聞き出したり、訪問して調査票をだましとったりする不正行為です。

電話

国勢調査では、電話や電子メールのみで個人や世帯の情報を調査することはありません。ただし、既に調査票をご提出いただいた後、記入内容に不明な点がある場合、電話で確認する場合はあります。

なお、収入・預金・資産に関する調査の項目はなく、これらについて聞くことはありません。口座への振込みなど金銭を要求することもありません。

訪問

調査員が訪問する際には、「調査員証(顔写真入り)」・「腕章」を身に付けていますので、ご確認ください。

不審な電話や訪問があった場合には国勢調査橿原市実施本部(企画政策課) ℡0744-21-1108 までご連絡ください。 

国勢調査コールセンター

総務省統計局において「国勢調査コールセンター」を設置します。
調査の内容でご不明な点などがありましたら、お問い合わせください。

電話番号  0570-07-2015    (IP電話の場合)03-4330-2015
・設置期間  平成27年8月24日~平成27年10月31日
・受付時間  午前8時~午後9時 

※ナビダイヤルの通話料金は、一般の固定電話の場合、全国一律に市内通話料金でご利用いただけます。
  (携帯電話・PHSの場合、それぞれ所定の通話料金となります)
※IP電話用電話番号の通話料金は、所定の通話料金となります。

 


 

お問合せ

所属課室:総合政策部企画政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1108

ファックス番号:0744-21-1128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?