ホーム > 市政情報 > 統計 > 2015年農林業センサス

ここから本文です。

更新日:2014年12月11日

2015年農林業センサス

農林業センサスとは

農林業センサスは、我が国農林業の生産構造や就業構造の実態を明らかにすることを目的に、5年ごとに実施する農林業に関する最も基本的な統計調査です。「農林業経営体調査」と「農山村地域調査」の2つの調査からなります。

調査の法的根拠

「統計法」(平成19年法律53号)に基づく「基幹統計調査」です。

調査の期日

平成27年2月1日現在で実施します。

 

農林業経営体調査

農家や林家、会社や集落営農など、農林業を営んでいるさまざまな経営体の実態を正しく把握するための調査で、全国の農林業経営体(一定規模以上の農林産物の生産を行うか、又は委託を受けて農林業作業を行う事業者をいいます。)が対象です。

調査の内容

経営の状態、世帯の状況、労働力、作業の受委託、耕地、農業生産の概況、農産物の販売など

調査の時期と方法

平成27年1月中旬~2月中旬に、調査員が調査票の配布と回収に伺います。

農山村地域調査

経営体の生産基盤や生活基盤である農山村地域の現状を把握するための調査で、全国の農業集落が対象です。調査は、集落に精通されている代表者の方などにお願いします。

調査の内容

農業集落の立地条件、総戸数、総土地面積、寄り合いの開催状況など

調査時期と方法

平成27年4月~6月に調査員が調査票の配布と回収に伺います。

調査にご理解とご協力をお願いいたします

調査票に記入していただいた内容は、統計の目的以外に使用することは絶対にありません。

また、「統計法」では、基幹統計調査を受ける人には調査票に記入して提出する義務(報告義務)を、調査を実施する関係者には調査によって知ったことを他に漏らしてはならない義務(守秘義務)を、それぞれ規定しています。

調査で訪問する際には、調査員は必ず「調査員証」を携行していますので、安心してご協力いただきますようお願いいたします。

 



 

お問合せ

所属課室:総合政策部企画政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1108

ファックス番号:0744-21-1128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?