ホーム > 妊娠・出産 > 検査 > お子様の予防接種 > 長期にわたり療養を必要とする疾病のため定期予防接種を受けられなかった方について

ここから本文です。

更新日:2014年4月1日

長期にわたり療養を必要とする疾病のため定期予防接種を受けられなかった方について

平成25年1月30日の予防接種法令等の改正により、長期にわたる療養を必要とする疾病にかかったために、定期予防接種対象年齢内に予防接種を受けられなかった方も、一定期間内であれば定期予防接種として接種できるようになりました。

対象者

  1. 対象となる疾病やそれに準ずるものにかかった方(疾病例(PDF:152KB)
  2. 臓器移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けた方
  3. 医学的所見に基づき1または2に準ずると認められる方

対象期間

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等の特別の事情がなくなった日から2年以内

※四種混合は15歳未満、BCGは4歳未満、ヒブは10歳未満、小児用肺炎球菌は6歳未満、その他の予防接種は20歳未満です

申請には医師の診断書が必要です。詳しくは健康増進課までお問い合わせください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:健康部健康増進課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8331

ファックス番号:0744-24-9124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?