ホーム > 健康・医療 > 健康に関する啓もう > 手足口病にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2013年8月8日

手足口病にご注意ください

乳幼児を中心に、手足口病が増えています。国立感染症研究所によると、昨年同時期の10倍の報告数になっています。

奈良県内の発生状況は、全国に比べると低い状況ですが、警報基準を超える報告が続いています。

日頃からしっかりと手洗いをし、予防に努めていきましょう。

手足口病とはどんな病気?

ウイルスの感染により、口の中や手足などに水疱性の発疹が出る、感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。感染経路は、飛まつ感染(咳やくしゃみ・空気感染)、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口の中に入って感染)が知られています。

症状

  • 感染してから3~5日後に、口の中・手のひら・足底や足背などに2~3mmの水疱性の発疹が出ます。
  • 発熱は感染者の約3分の1の割合にみられますが、あまり高くならないことがほとんどで、高熱が続くことは通常ありません。
  • ほとんどの発病者は、数日間のうちに治ります。
  • まれに、髄膜炎・小脳失調症・脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎・神経原性肺水腫・急性弛緩性麻痺など、様々な症状がでることがあります。

予防対策方法

手足口病には有効なワクチンはなく、発病を予防する薬もありません。治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。

  • 手洗いは、流水と石鹸でしっかりする。
  • タオルの共用をしない。

 

お問合せ

所属課室:健康部健康増進課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8331

ファックス番号:0744-24-9124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?