ホーム > 健康・医療 > 健康に関する啓もう > 熱中症にご注意ください【命が危険な暑さが続いています】

ここから本文です。

更新日:2018年8月16日

熱中症にご注意ください【命が危険な暑さが続いています】

「熱中症」は高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく、屋内で何もしていない時でも発症します。また気温などの環境条件だけではなく、その日の体調や暑さに対する慣れなども影響します。

熱中症を正しく理解して予防しましょう!(熱中症は予防が大切です!!)

熱中症に最大限の警戒が必要です!!

 熱中症は誰にでも起こりえます。暑いときは無理せず休憩を取り、室内にいるときも暑さを我慢せず、エアコン・扇風機なども上手に使用しましょう。また、日中の不要不急な外出は控えましょう。

高齢者や乳幼児・体調不良の方などは、特に注意が必要です。

熱中症になりやすい状態とは?

  • 気温や湿度が高い。
    特に、急に暑くなった日は注意!
  • 風が弱い。

なりやすさは、人によっても違います。

  • 高齢者は、暑さ・水分不足を感じる機能や体温調節機能も低下しているので、特に注意してください。
  • 子どもは、体温調節機能が十分に発達していないので、注意が必要です。
  • 持病がある人や体調が悪い人も注意してください。

予防法は?

  • こまめに水分・塩分、経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)を補給しましょう。
    「のどが渇いた」と感じたときには、かなり水分が不足している場合が多いです。早めに少しずつ補給しましょう。
  • 通気性・吸湿性・速乾性に優れた衣服を着用しましょう。
  • 屋外へ出るときは、日傘や帽子を使う。日陰を利用し、こまめに休息をとりましょう。
  • 扇風機やエアコンを使って、室内温度が上がり過ぎないようにしましょう。
    無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

熱中症が疑われる場合は?

  • 涼しい場所へ移動しましょう。
  • 衣服をゆるめて休みましょう。
  • 身体を冷やしましょう。
  • 水分・塩分、経口補水液(水と食塩とブドウ糖を溶かしたもの)を補給しましょう。

次のような症状のときは、直ちに救急隊を要請してください。

  • 意識がない。
  • けいれん。
  • 自分で水が飲めない。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:健康部健康増進課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8331

ファックス番号:0744-24-9124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?