ホーム > 妊娠・出産 > 検査 > お子様の予防接種 > MR1期を受けそびれた場合について(任意予防接種)

ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

MR1期を受けそびれた場合について(任意予防接種)

定められている年齢を過ぎた場合、予診票は使用できなくなり、任意予防接種となります。
任意予防接種は健康保険が適用されず、全額実費負担となりますが、一部の予防接種に関して費用を助成する制度です。

助成される予防接種の種類

任意麻しん・風しん混合(MR)、麻しん、風しん予防接種

  • 麻しん・風しん混合(MR)対象者

何らかの事情により1歳以上2歳未満で接種できず、任意MR1期予防接種を希望する2歳以上3歳未満のお子さん

  • 麻しん対象者

風しんにかかった、または風しんのみを接種したなどの事情により2歳未満に麻しん1期を接種できなかった2歳以上3歳未満のお子さん

  • 風しん対象者

麻しんにかかった、または麻しんのみを接種したなどの事情により2歳未満に風しん1期を接種できなかった2歳以上3歳未満のお子さん

助成金額

法に基づく麻しん:風しん予防接種の委託料単価を上限とした金額

申請窓口

健康増進課

申請に必要なもの

  • 母子健康手帳
  • 予診票
  • 印鑑

※必ず接種前に申請にお越しください

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せください。

お問合せ

所属課室:健康部健康増進課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8331

ファックス番号:0744-24-9124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?