ホーム > 健康・医療 > 健康診断・予防接種 > 予防接種 > 高齢者肺炎球菌感染症予防接種

ここから本文です。

更新日:2017年5月19日

高齢者肺炎球菌感染症予防接種

平成26年10月1日から、高齢者肺炎球菌感染症予防接種が定期予防接種となっています。

対象

橿原市に住民登録があり、接種時において本人が希望し、1または2にあてはまる方。ただし、今までに肺炎球菌予防接種(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン、自費含む)を接種したことのある方は対象外(ただし沈降13価肺炎球菌結合型ワクチンは対象)

  1. 平成30年度までは、各当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の方。平成29年度高齢者肺炎球菌感染症予防接種対象者一覧表(PDF:75KB)(平成31度年以降は、65歳の方のみ)
  2. 60歳以上65歳未満であって、下記に該当する方(心臓、腎臓、呼吸器の身体障害者手帳1級の写し、または接種基準に該当するという医師の診断書が必要)
  • 心臓、腎臓、呼吸器に関する身体障害者手帳1級を持っている方
  • ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

実施期間

平成29年5月1日~平成30年3月31日(平成29年度の対象者)

実施回数

1回

接種手続き

  1. 市内実施医療機関で接種する場合は、医療機関で予約してください。平成29年度高齢者肺炎球菌感染症予防接種実施医療機関一覧表(PDF:136KB) 市外又は奈良医大で接種する場合は、事前に健康増進課へ電話で実施医療機関かどうかの確認をしてください。確認後、平成29年5月2日以降に接種券と接種費用を持参し、健康増進課窓口で手続きをしてください。

接種費用

3000円(生活保護受給世帯・市民税非課税世帯は無料になりますので、市内で接種の方は市内医療機関、市外及び奈良医大で接種する場合は、健康増進課窓口で手続きをしてください)

持ち物

  • 接種券(65歳以上の対象者には、事前に送付。60~65歳未満の対象者は、申し出により発行)
  • 接種者本人の保険証
  • 60歳から65歳未満の方は、身体障害者手帳1級の写し又は医師の診断書
  • 接種費用

その他

この制度開始にあたり、以前に実施しておりました高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用助成制度は、平成26年9月末で終了しました。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:健康部健康増進課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8331

ファックス番号:0744-24-9124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?