ホーム > 健康・医療 > 健康に関する啓もう > 感染症(感染性胃腸炎、インフルエンザなど)を予防しましょう

ここから本文です。

更新日:2012年12月28日

感染症(感染性胃腸炎、インフルエンザなど)を予防しましょう

感染症が流行する季節となりました。感染性胃腸炎について、過去10年間で3番目に多い状態であるという報告があります。また、インフルエンザについても定点あたりの報告数が増えており、流行のシーズンに入りました。感染症を防ぐために、日頃からできる予防をしていきましょう。

予防方法

外出後や調理前の手洗い

外出後の手には見えない菌がいっぱいです。人の手を介した二次感染を防ぐためにも正しい手洗いの仕方を身につけましょう。

正しい手洗い関連資料(PDF:572KB)

咳エチケット

インフルエンザは、咳やくしゃみなどを介した飛沫感染です。インフルエンザの流行を抑えるためには、一人ひとりの「かからない、うつさない」という気持ちが大切です。インフルエンザにかかった際には、マスクを着用することを心がけましょう。

咳エチケット関連資料(PDF:131KB)

消毒方法

感染性胃腸炎では、感染者の便やおう吐物からの二次感染にも注意が必要です。感染者が使ったものや、おう吐物がついたものは、他のものと分けて消毒するようにしましょう。また、消毒には塩素系漂白剤を用いましょう。

ノロウイルス関連資料(PDF:406KB)

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体内に菌が入ってきても、体の免疫が充分であれば、感染しても発症しない場合や軽い風のような症状で終わる場合もあります。体に不調を感じた時は、早めの休養を行い、日頃からの体力作りを心がけましょう。

もっとよく知りたい方へ

感染性胃腸炎について(外部リンク)

インフルエンザについて(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:健康部健康増進課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8331

ファックス番号:0744-24-9124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?