ホーム > 健康・医療 > 健康診断・予防接種 > 予防接種 > 高齢者向けインフルエンザ予防接種

ここから本文です。

更新日:2018年10月5日

高齢者向けインフルエンザ予防接種

平成30年10月1日から、高齢者インフルエンザワクチンの接種が始まります。

 

マイナンバー制度の導入に伴い課税状況を確認するにはマイナンバーの記載が必要となりました。自己負担金免除の申請をされる方は世帯全員分のマイナンバーを確認できるものを持参してください。(なお、自己負担金が免除されるのは非課税世帯・生活保護世帯に属する方です)

対象者

橿原市に住民登録があり、接種時において本人が希望し、1または2にあてはまる方

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳以上65歳未満であって、下記に該当する方
    • 心臓、じん臓、呼吸器の機能に身辺の日常生活が極度に制限される程度の障がいを有する方(心臓、じん臓、呼吸器に関する身体障がい者手帳1級を有する方など)
    • ヒト免疫不全ウイルスにより、免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方
      ※身体障がい者手帳の写しなど対象者であることが確認できる資料を提出してください。

被接種者の希望の意思確認できない場合は市の定期の予防接種の対象にはなりません。

実施期間

実施期間は平成30年10月1日~平成31年1月31日

実施場所

インフルエンザワクチン接種可能医療機関一覧(PDF:149KB)

※主治医が市外の医療機関など、やむをえない事情により市外で受ける場合は、事前に健康増進課へ電話で実施医療機関かどうかの確認をしてください。確認後、10月1日(月曜日)以降に健康増進課窓口で手続きをしてください。

費用

1500円

※生活保護受給世帯、市民税非課税世帯に属する方は免除です(接種前に本人または家族の自署による申請が必要です)

持ち物

接種料金・健康保険証

自己負担金免除の申請をされる方は

  • 世帯員全員のマイナンバーが確認できるもの
  • 接種者本人のマイナンバーカード、通知カード、マイナンバー入りの住民票のいずれか1つ
  • 接種者の身分証明ができるもの
     1枚の提示で足りるもの:個人番号カード、運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳など
     (官公庁が発行した身分証明書で本人の顔写真が貼付されたもの)
     2枚以上の提示が必要なもの:国民健康保険証、健康保険証、介護保険証、年金手帳など

    申込方法

    予約が必要な場合は直接、医療機関へ申し込んでください。

    ※やむをえない事情により市外で受ける場合は、事前に健康増進課へ問い合わせてください。

    ※市外接種の手続きは期間中のみ健康増進課で受付しています。

     

    用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

  • Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問合せ

    所属課室:健康部健康増進課

    橿原市畝傍町9-1

    電話番号:0744-22-8331

    ファックス番号:0744-24-9124

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?