ホーム > 橿原市子ども総合支援センター > かしの木園の実施する療育(発達支援事業 かしの木園) > かしの木園の実施する療育(発達支援事業 かしの木園)の療育内容

ここから本文です。

更新日:2014年7月1日

かしの木園の実施する療育(発達支援事業 かしの木園)の療育内容

各部門紹介

 

集団療育部門

年齢

集団療育形態

集団療育のねらい

 

 

1~4歳児

 

保護者同室による保育

月~金の週1回又は月2回通園

約1時間半の実施

いろいろなあそびを、保護者や職員と一緒に楽しみながら、情緒豊かに育っていくよう子どもの発達を支援します。

4~5歳児

保護者同室または分離による保育

月~金の週1回又は月2回通園

約1時間半の実施

友だちとのふれあいを大切にしながら、生活や遊びの経験を広げ、社会性が豊かに育っていけるよう支援します。

集団活動(おゆうぎ・手遊び・読み聞かせ・運動あそびなど)や、設定療育(季節を感じるあそび、からだ・感触あそび、ルールのあるあそび、ソーシャルスキルトレーニング(SST)など)の内容があります。

うさぎみずやり

個別療育部門

理学療法

筋力、関節可動域の改善・バランス能力の向上・痛みの改善(回復)などを通じて、日常生活動作(起きる・座る・立つなど)、歩行などの運動能力を高めます。

PT室

作業療法

遊びを中心とした活動を提供することにより、上肢機能や感覚統合機能、学習能力などの発達を促進します。また、日常生活動作や遊びへの支援を行います。

SI室2

言語療法

遊びを中心とした活動を提供することにより、コミュニケーションや構音(発音)の訓練を行っています。また、食べることの訓練も行っています。

ST室

個別療育・発達相談

発達検査等を実施しながら、子どもの様子や発達課題に応じた療育を行っています。

個別心理2

 

園の主な行事

春・秋の遠足、夏祭り、運動会、バザー、お楽しみ会、おわかれ会

その他の取り組み

音楽療法、歯科検診、ボランティアによる支援(きょうだい児の保育等)、通園支援、保護者支援(ペアレントトレーニングなど)、ケア会議の実施(保育所・幼稚園などの通園先、卒園児の通学先)など

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局子ども療育課(かしの木園)

橿原市白橿町8-19-1 子ども総合支援センター

電話番号:0744-27-8585

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?