文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

史跡 檜隈寺跡(明日香村)

史跡 檜隈寺跡

『日本書紀』の朱鳥元年(686)の記事として軽寺と大窪寺とともにその名が記されている檜隈寺は、渡来人が集住する地域に建立された寺院である。
この寺院は、北から南に向かって講堂、塔、金堂が並ぶ独特な伽藍配置と堂宇の基壇には瓦積を採用するなど、東アジアとの交流を窺い知ることができる。

お問合せ

所属課室:総合政策部世界遺産推進課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1114

ファックス番号:0744-20-1528