ホーム > イベント情報 > 歴史街道「飛鳥-奈良-京都」地域連携リレー講座(橿原編)信長の朱印状が語る「今井町」と戦国期の足跡

ここから本文です。

更新日:2014年5月2日

歴史街道「飛鳥-奈良-京都」地域連携リレー講座(橿原編)信長の朱印状が語る「今井町」と戦国期の足跡

【テーマ】信長の朱印状が語る「今井町」と戦国期の足跡
織田信長による全国統一の流れに最後まで立ちはだかったのは、石山本願寺を中心とする一向一揆でした。今井は、大和における一向宗の橋頭堡として築かれ、信長の部将・明智光秀と対峙しましたが、和平交渉により降伏する道を選び、赦免されました。その後は自治権を認められ、「海の堺、陸の今井」「大和の金は今井に七分」といわれるまでに繁栄します。
峻厳なことで知られる信長がなぜ今井には寛大であったのか、また、当時の今井の人はどのような判断を行ったのか・・・
大山崎町歴史資料館館長の福島克彦氏を講師に招き、その謎を紐解いていただきます。

*好評につき募集人員に達しました。

今井町

今井町の町並み

八木の町並み

八木の町並み

十市城跡

十市城跡

開催日時

2014年6月7日  土曜日

場所

住所 橿原市
電話番号 0744-22-4001
ファックス番号 0744-21-4112

募集人数

50名 *好評につき募集人数に達しました

内容

【集合場所】今井まちなみ交流センター「華甍(はないらか)」
【集合時間】9時00分~9時25分
【講師】福島克彦氏(大山崎町歴史資料館館長)演題「今井町と織田信長」
【行程】華甍(講演会)→重伝建地区「今井町」(講師による現地解説&称念寺にて朱印状の特別公開)→昼食→八木の町並み(環濠跡&札の辻)→耳成山(頂上)→十市城跡→近鉄新ノ口駅
※昼食後のウォークはボランティアガイドがご案内します。(16時30分頃解散)

費用

参加費用:1,900円
指定口座:ゆうちょ銀行、記号番号:14530 488311
名義:歴史街道「飛鳥-奈良-京都」地域連携実行委員会
※他銀行からの振込みは、預金種目:普通預金、店番:458、店名:四五八、金融機関コード:9900、口座番号0048831、が必要です。
※キャンセルによる返金はできませんので、あらかじめご了承ください。

申込方法

【申込先】橿原市観光課
【申込期間】平成26年5月1日(木曜日)~平成26年6月2日(月曜日)
【TEL】0744-22-4001
【FAX】0744-21-4112
【Email】kanko@city.kashihara.nara.jp

その他

まずは、電話、FAXまたはE-mailにてお申込みください。
次に、受付が確認されましたら3日以内に指定口座へ参加費用をお振込みください。
振込が確認できましたら参加票をお送りします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?