文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

正蓮寺大日堂

(しょうれんじだいにちどう)

正蓮寺大日堂

国指定の重要文化財です。建造形式は、桁行三間、梁行三間、一重、寄棟造、本瓦葺。
もとは佛起山(ぶっきざん)普賢寺(ふげんじ)と言われていましたが、明治の廃仏毀釈により普賢寺が廃絶することとなり、正蓮寺(しょうれんじ)に管理が引き継がれました。
大日堂(だいにちどう)は、文明十年(1478年)の上棟札があり、完成したのは文明十七年ですが、康正二年(1456年)から文明十七年(1485年)の墨書なども発見されており、完成までの間約30年の歳月が要していたと考えられています。これは、おそらく応仁の乱の動乱期の影響とも思われます。室町時代の小規模な仏堂としてはとても貴重です。
本尊の大日如来坐像は、鎌倉時代の作とされ、国の重要文化財に指定されています。

 

歳時記

7月15日 大日さん

本尊である大日如来の命日が7月15日であることから、夏の大祭が行われます。

関連リンク

文化財 > 正蓮寺大日堂

文化財 > 正蓮寺 大日如来坐像

正蓮寺大日堂・入鹿神社公式ホームページ(外部リンク)

 

アクセスマップ

奈良県橿原市小綱町

近鉄

八木西口駅

徒歩

約7分

近鉄

大和八木駅

約9分

JR

畝傍駅

約12分

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

橿原市周辺の観光案内・問合せ
橿原市観光交流センター「かしはらナビプラザ」
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
電話番号:0744-47-2270
http://www.kashihara-naviplaza.com/