文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

大和三山とは

                                                (やまとさんざん)

大和三山とは

大和三山(やまとさんざん)とは、橿原市に位置する香具山(かぐやま)・畝傍山(うねびやま)・耳成山(みみなしやま)の三山をいいます。平成17年に名勝指定されました。そして、大和三山に囲まれるように、日本で初めての本格的な都であった藤原京の藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)があります。
万葉集では、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)が大和三山の争いを詠んだ有名な歌が残されています。
「香具山は 畝火ををしと 耳梨と 相あらそひき 神代より 斯くにあるらし 古昔も 然にあれこそ うつせみも 妻を あらそふらしき」
全訳①
香具山は 畝傍山をいとしいとして 耳成山と相争った。 神代から こうであるに違いない。 いにしえも そうだったからこそ 今の世の人も 妻を 取りあって争うらしい。
全訳②
香具山は 畝傍山を男らしい者として 古い恋仲の耳成山と争った。 神代から こうであるらしい。 昔も そうだからこそ 現実にも 愛するものを 争うらしい。


大和三山の自然は美しく、ウォーキングや眺望を楽しむ人がたくさん訪れます。

 

大和三山とは 大和三山 大和三山 大和三山

画像をクリックすると拡大表示します

 

関連リンク 文化財 > 大和三山 香具山・畝傍山・耳成山

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1115