文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

高木家住宅

(昭和47年5月15日指定重要文化財)

高木家住宅

中尊坊通りの東端にあります。
切妻造、本瓦葺の2階建てで、1階、2階共2列6室型の部屋となっています。主屋の西側に塀と門が設けられており、そこからみせおくの裏を通り、仏間、ざしきに上がれるようになっています。これは、武士用の玄関として用いられたそうです。2階は土間の一部を除き、全体が部屋であって、畳を敷き棹縁(さおぶち)天井を張って居室としています。当家は保存もよく、幕末期の上層町家の好例です。
また、江戸時代の生活用具や火縄銃なども展示しており、座敷に上がって見ることができます。

 

高木家住宅 高木家住宅 高木家住宅 高木家住宅

画像をクリックすると拡大表示します

 

所在地 今井町1丁目
建築年代 19世紀中頃
見学 300円
見学時間 不定期(見学可能時掛札有り)

 

アクセスマップ

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局今井町並保存整備事務所

橿原市今井町1-10-9

電話番号:0744-29-7815

ファックス番号:0744-24-9712