文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

重要伝統的建造物群保存地区

 

重要伝統的建造物群保存地区

重要伝統的建造物群保存地区とは、昭和50年の文化財保護法の改正によって伝統的建造物群の制度が発足し、城下町、宿場町、門前町など全国各地に残る歴史的な集落・町並みの保存が図られるようになったものです。
市町村が都市計画または条例により「伝統的建造物群保存地区」を定め、文部科学大臣が市町村の申し出に基づき「選定」を行うこととされています。
この制度は、文化財としての建造物を「点」(単体)ではなく「面」(群)で保存しようとするもので、保存地区内では社寺、民家、蔵などの「建造物」だけでなく、門、土塀、石垣、水路などの「工作物」、庭園、生垣、樹木などの「環境物件」を特定し保存措置を図っています。
平成23年4月現在、日本全国で88地区が選定されていますが、今井町は平成5年に全国で37番目の重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。
今井町重要伝統的建造物群保存地区は、東西約600m、南北約310m、面積にして約17.4haの規模となっており、地区内には伝統的建造物として、建築物が504棟、工作物が119件、環境物件が69件あり、全国で最も多い地区となっています。伝統的建造物は、本瓦葺または桟瓦葺の屋根を持つ「ひらや」または「つし2階」の町家が軒を連ね、その2階の壁面には、意匠を凝らした「むしこ窓」や「家紋」などの装飾が施されています。

 

重要伝統的建造物群保存地区 重要伝統的建造物群保存地区 重要伝統的建造物群保存地区 重要伝統的建造物群保存地区

画像をクリックすると拡大表示します

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局今井町並保存整備事務所

橿原市今井町1-10-9

電話番号:0744-29-7815

ファックス番号:0744-24-9712