文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

瑞花院本堂

(ずいけいいんほんどう)

【重要文化財】

所在地 飯高町
建築年 1443年(嘉吉3)上棟
建造形式 桁行五間、梁間五間、一重、寄棟造、向拝(ごはい)一間、本瓦葺

当寺はもと、吉楽寺(きちらくじ)といい、1443年(嘉吉3)の棟木(むなぎ)銘があり、建立年代が明らかです。平面は正方形を呈し、方五間の寄棟造(よせむねつくり)で正面に向拝(ごはい)がつきます。修理棟札や半解体修理の調査から今日まで仏壇廻りや床、須弥壇(しゅみだん)の作り替えなどが行われたことが明らかになっています。橿原市周辺には、これらの形式をふまえた本堂が多く残っている中でも、時代も古く、また多くの瓦にこの時代の刻銘(こくめい)もあることが大きな特徴といえます。

瑞花院本堂

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114