文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

山尾家住宅

(やまおけじゅうたく)

【県指定文化財】

所在地 今井町
建築年代 18世紀後期
構造形式 桁行10.98m、梁間12.13m、切妻造、南面庇付本瓦葺、北面桟瓦

当家は「十市郡新堂村」より移住したと伝えられ、「新堂屋」の屋号をもち、幕末には町年寄を務めた大商家です。北尊坊通り北側に広大な敷地を有し、道路に沿って西方より主屋・隠居所・東蔵が並び、主屋西北には1820年(棟木銘文政3)に建てられた座敷を接続し、その北側に内蔵を配しています。主屋は、正面庇付本瓦葺ですが、背面は桟瓦葺の葺降しとしています。内部は、東側に通り土間をとり(現在は床板張りで台所となっています)、西側に食違(くいちが)い六間取りの居室となります。当家は江戸時代後期の大規模町家の好例であるといえるでしょう。

山尾家住宅

 

 

関連リンク 観光 > 山尾家住宅

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114