文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

奈良県立畝傍高等学校

(ならけんりつうねびこうとうがっこう)

【登録有形文化財】

所在地 八木町
建築年 1933年(昭和8) 本館北館:昭和51年、平成2年改修 本館南館:昭和44年、48年、平成2年改修
構造形式

本館北館:鉄筋コンクリート造3階建、瓦葺、建築面積983平方メートル、塔屋付

本館南館:鉄筋コンクリート造3階建、瓦葺、建築面積755平方メートル、塔屋付

本館渡廊下:鉄筋コンクリート造2階建、建築面積168平方メートル

倉庫(旧動力室):木造平屋建、瓦葺、建築面積30平方メートル

北館が校地の南側中央に北面して建ち、その南側に南館が平行する。両館の中央部を渡廊下で接続し、南館の北面西寄りに倉庫が建つ。
設計を奈良県技師の寺師通尚と同技手の岩崎平太郎が担当した。北館正面中央に宝形造本瓦葺の塔屋を建てて相輪をあげ、また陸屋根の四周を本瓦葺にするなど、近代的な建物の要所に和風意匠を取り入れ、古都奈良に相応しい意匠とする。

 畝傍高等学校外観

 

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114