文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

上田家住宅

(うえだけじゅうたく)

【重要文化財】

所在地 今井町
建築年代 18世紀中期?
構造形式 桁行13.0m、梁間11.0m、一部2階、入母屋造 西面および庇付本瓦葺

大工町筋の南側に位置し、西面にも道があって角地に建っています。当家は、葛下郡片岡新助の子孫で、1570年(元亀元年)に今井に移住したといわれ、今西・尾崎氏とともに惣年寄(そうどしより)を勤める傍ら、屋号を「壷屋」と称し、江戸時代初期には酒造業も営んでいました。1635年(寛永11)には有力商家とともに「今井札」を発行する程、優れた経済力を持っていました。道路境より後退して建て、入口を西側に設けるかわった構造となっています。主屋は平入りで、2階の軒は低く、内部は北側に土間、南側は整形6間取りとなっています。今井町での上層町家が発展していたことを示す好例とみられます。

上田家住宅

 

 

関連リンク 観光 > 上田家住宅

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114