文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

木製柄頭

(もくせいつかがしら)

弥生時代中期の大溝から出土した木製品です。朝鮮製の有柄式銅剣(ゆうへいしきどうけん)を模したもので、精巧な細工で流水文、直線文、山形文の文様などを浮彫し、銅剣の柄の部分を写実的に表現したものと思われます。赤漆によって仕上げられた優品です。

剣身の部分は失われているものの、おそらく木製品と思われます。柄頭上部には、剣身部分を装着する差込み穴の痕跡が残っています。祭器として使用されたのでしょう。

木製柄頭

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114