文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

豊田家住宅

(とよだけじゅうたく)

【重要文化財】

所在地 今井町
建築年 1662年(寛文2)
構造形式 桁行12.0m、梁間11.7m、一部2階、入母屋造、南面および北面庇付本瓦葺、西面下屋付属桟瓦葺

豊田家は御堂筋の称念寺に向かい、やや西寄りに位置しています。屋号を「紙八」と称し、江戸時代末期頃分家移住しましたが、もとは材木商牧村清右衛門の所有で、「西の木屋」の屋号を持ち、福井藩の蔵元を勤めた豪商でした。今もその屋号を示す「木」が正面上部の壁に残っています。当家の解体修理の際に、鬼瓦の刻印から建築年代が明らかになっています。屋根は入母屋造の本瓦葺で、軒は高く、2階軒は出桁(でげた)造りとなっていて、豪壮な外観となっています。内部は、東側が土間とシモミセで、居間部は整った6間取りです。建築年代も古く、納戸構(なんどがまえ)など、各所に古式の手法が残っています。

豊田家住宅

 

 

関連リンク 観光 > 豊田家住宅

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114