文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

高木家住宅

(たかぎけじゅうたく)

【重要文化財】

所在地 今井町1丁目
建築年代 18世紀後期(文政~天保頃)
構造形式 桁行11.4m、梁間12.8m、2階建、切妻造段違、南面および北面庇付、北面隅便所など付属、本瓦および桟瓦葺

当家は中尊坊通りの東端、四条屋の分家で屋号を「大東の四条屋」と呼ばれ、直次良が分家の初代です。その時期は天保年間頃とみられ、本家の酒造業を助け、後には醤油屋も併せて営んでいます。建物は19世紀頃の初期頃で、2階部分は19世紀末期に整備したものです。1階は東に土間を取って6間取りですが、主屋の脇に塀が続き、式台があってナカノマに上がるようになっています。2階は土間の一部を除き、全体が部屋であって、畳を敷き棹縁(さおぶち)天井を張って居室としています。当家は保存もよく、幕末の本2階建の好例です。

高木家住宅

 

 

関連リンク 観光 > 高木家住宅

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114