文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

正蓮寺 大日如来坐像

(しょうれんじ だいにちにょらいざぞう)

【重要文化財】

所在 小綱町 正蓮寺
品質・形状・寸法など 桧材・寄木造・漆箔・彫眼
頭上に宝冠を戴く。智拳印(ちけんいん)を結び、右足を結跏趺坐(けっかふざ)する。
像高148.3cm、面長26.8cm、面巾26.0cm、耳張34.2cm、面奥33.5cm、肘張80.0cm、胸厚32.2cm、腹厚39.5cm、膝高(左)21.8cm(右)21.3cm、膝張108.8cm、膝奥71.5cm
年代または時代 鎌倉時代前期

やや下膨れで伏見の表情には生気があり、体躯の肉づけは柔らかみに富み、衣文も自然な流れで表現されており、鎌倉時代の様式であると言えます。
半丈六の仏像であるにもかかわらず、技巧的にまとめられているのが特徴で、院派(京都を中心に朝廷や貴族の造仏を担当していた仏師の一派)系の仏師によるものではないかと考えられています。鎌倉時代前期における橿原市と京都の繋がりを示唆するものとして注目される作品です。

正蓮寺大日如来坐像

正蓮寺大日如来坐像

 

 

関連リンク 観光 > 正蓮寺大日堂

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114