文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

称念寺庫裡、客殿、対面所

(しょうねんじくり、きゃくでん、たいめんじょ)

称念寺庫裡、客殿、対面所

【市指定文化財】

所在地 今井町3丁目
建築年代 庫裡 17世紀
客殿 17世紀
対面所 1695年(元禄8)
構造形式

庫裡:桁行22.30m、梁間11.97m、一重東端切妻造、南、北面庇付、西端客殿に接続入母屋造、および棟違い切妻造、本瓦葺
客殿:桁行20.86m、梁間6.99m、一重東端庫裡に接続、切妻造、南、北面庇付、西端矩折に書院付属、南端入母屋造、三方庇付、本瓦葺
対面所:桁行5.9m、梁間9.1m、一重南端入母屋造、北端本堂に接続、本瓦葺

称念寺は、旧南町御堂筋の中央部にある浄土真宗本願寺派の寺院です。対面所は東面する本堂の西南隅「飛燕(ひえん)の間」に接し、庫裡、客殿は本堂の南側にあって、東西方向に長い建物で西南角に角屋として書院が取り付き、寺観を形成しています。客殿は、庫裡と同時期とみられ、本堂、対面所と付随した一連の建物として貴重な存在であり、南側の庭園とあいまって寺観を形成しています。
庫裡:建立年代について確証はありませんが、構造手法その他より推察して17世紀を降らないと考えられ、また県下でも庫裡の遺構としては数少なく貴重です。
客殿:対面所が1695年(元禄8)増設されており、また1845年(弘化2)頃重文豊田家西側に接続の書院を移築したと伝えられており、これらの時期にかなりの増改築があったものと窺われますが、柱・長押(なげし)・欄間(らんま)・軒廻りの一部も当初材と見られるものが多く残っています。小屋組も、古材の転用はありますが、よく原型を保っています。
対面所:発見棟札より1695年(元禄8)の建立が明らかです。対面所の軸部、小屋組の構造は力強く全て当初のまま残存しています。

客殿外観

客殿外観

客殿内観

客殿内観

 

関連リンク 観光 > 称念寺本堂

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114