文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

町中掟書家持借家印形帳

(まちじゅうおきてがきいえもちしゃくやいんぎょうちょう)

【市指定文化財】

員数 1冊
形状・寸法など 紙本墨書、袋綴、楮紙、表紙とも紙、紙数52枚、縦23.5cm、横16.8cm
年代または時代 江戸時代中期、1764年(明和元)6月

今井は大和における最も裕福な都市として自治制をゆるされ、江戸中期以来は特に三惣年寄の合議によって治められていました。

町内を統治するため、多くの町掟をつくっていましたが、これはそのうち支配筋の法度を守ること、火災に関しての注意と非常の時の処置、博弈(ばくえき)の禁止、道路交通上の規定、清掃・衛生など々について規定したものです。

また、東西南北新今六町各々の印形請けをさせたもので、1769年(明和元)当時の家持人の名前と人数、借家人の名前と人数、家(屋)号調査、借家所持状況など庶民生活の実態が鮮明に記録された良質の史料であるといえるでしょう。

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114