文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

新賀・木原遺跡

(しんが・きはらいせき)

東方約400mには耳成山があり、北側に隣接して米川(よねがわ)が西流しています。新賀・木原両町にまたがっており、新賀町旧集落の西部域に位置します。
発掘調査は集落跡の一部にしか及んでいなませんが、その内容は、曲物を枠に利用した井戸や方形土坑、木棺墓、大溝などがあります。
鎌倉時代(13世紀)の大溝は幅3m、深さ0.8m、長さ20m以上の規模をはかり、その水は北隣する米川へ流れていたものと考えられます。大溝を境としてその東側には多くの遺構が存在するのに対し、その西側は希薄な状況です。
また、この大溝の東に隣接した場所に平安時代末(12世紀末)の木棺墓が一基確認されました。規模、構造は長辺(南北)1.6m・短辺(東西)0.6mの隅丸長方形の墓壙(ぼこう)内に、その大部分が腐食して明らかではないものの、木棺が据えてあったものと思われます。墓の北小口部分には中国製の白磁碗1点と土師器の坏・身2点が副葬品としてありました。特に土師器は片方の坏を蓋にしたいわゆる、盒(ごう)のような使われ方をしていました。また、人の頭部(左側頭部)骨と歯が散在していたことから、死者を北枕で葬ったことも窺えます。
この他に平安時代前半(9世紀後半)の土坑から緑釉陶器(りょくゆうとうき)の三足皿や鎌倉時代(13~14世紀)の井戸や土坑から瓦器碗なども出土しています。

白磁碗(はくじわん)と土師器の坏・身

白磁碗(はくじわん)と土師器の坏・身

緑釉陶器(りょくゆうとうき)の三足皿

緑釉陶器(りょくゆうとうき)の三足皿

木棺墓

木棺墓

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114