文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

四分遺跡

(しぶいせき)

四分遺跡は飛鳥川右岸、藤原宮跡の西南部に位置し鷺栖神社(さぎすじんじゃ)の東方に立地します。1971年(昭和46)、奈良文化財研究所によって藤原宮跡の下層より弥生時代前・中・後期におよぶ溝、竪穴住居、井戸、土坑、水田、方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)の遺構が検出されました。このことから東西250m以上、南北400m以上の範囲に広がる大規模集落跡であったと考えられています。これまでの調査では前期の遺構は少なく、中期から後期に入ると遺構の密度、遺物の出土量も飛躍的に増加する傾向から、集落はこの時期に急速に発達したと考えられています。遺物は、土器、石器、木製品、骨角牙製品などが数多く出土していますが、なかでも、全国的にも数例しか確認されていない銅鐸形土製品(どうたくがたどせいひん)や小型坊製鏡(こがたぼうせいきょう)の断片、絵画土器が出土しています。四分遺跡に近い日高山(ひだかやま)山麓付近と旧鴨公(かもきみ)小学校にも弥生時代の遺跡があります。とくに、醍醐地(だいごいけ)底から弥生時代後期の土器、石器が多量に出土しています(醍醐遺跡)。さらに、藤原宮東北隅に位置する橿原市法花寺町(ほっけいじちょう)(法花寺遺跡)においても弥生時代後期の土器・銅鏃が出土しています。

調査風景

調査風景

水田跡

水田跡

鏡

関連リンク 銅鐸形土製品

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114