文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

新沢千塚古墳群

(にいざわせんづかこふんぐん)

新沢千塚古墳群

【国指定史跡】

かつては「川西千塚」、「鳥屋千塚」と呼ばれていましたが、今日では新沢千塚古墳群(にいざわせんづかこふんぐん)として広く知られています。
新沢千塚は総数約600基からなる古墳群で、日本を代表する群集墳(ぐんしゅうふん)でもあります。古墳群は、市南側で高市郡高取町との境界となっている貝吹山(かいぶきやま)から四方に派生する尾根のうち、北西方向に伸びる低い丘陵上に立地しています。
新沢千塚に古墳が造られ始めたのは4世紀の終わり頃、今から1600年ほど前です。市立新沢小学校の南に位置する500号墳や、県道の南側に位置する213号墳が初期に造られた古墳であることが確認されています。その後、6世紀の終わり頃までの約200年にわたって古墳が造られ続けました。そのうち最も多く古墳が造られた時期は、5世紀後半から6世紀前半にかけての100年間です。
1960年代、新沢千塚一帯の丘陵地に開墾計画がもちあがったことをきっかけとして、古墳群全体の約2割にあたる約130基の古墳の発掘調査が行われました。この調査によって多くの成果があがりました。遠くペルシャや中国、朝鮮半島からもたらされた副葬品が出土した126号墳の調査はその代表的なものです。
調査の成果をうけて、新沢千塚は1976年(昭和51)に国の史跡に指定されました。現在は保存整備が行なわれ、古墳群の中を散策することができるようになっています。

史跡新沢千塚古墳群を見学の皆さんへ

史跡新沢千塚古墳群ガイダンス施設は、現在閉鎖中です。お手洗いは、健康運動広場内か各施設(歴史に憩う橿原市博物館シルクの杜新沢千塚ふれあいの里)のトイレをご利用ください。 

新沢千塚古墳群公園総合案内図(PDF:1,029KB)

※現在も整備中ですので、工事箇所には近寄らないでください。また一部未完成の施設、設備等がありますのでご利用時はご注意ください。

 

関連リンク

観光 > 新沢千塚古墳群

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:生涯学習部文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114