文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

木造南無仏太子立像

(もくぞうなむぶつたいしりゅうぞう)

【市指定文化財】

所在

曽我町544番地 東楽寺(現在:飛鳥資料館蔵)

品質・形状・寸法など

桧材・寄木造・彩色

上半身裸形。袴を着け両手を胸前で合掌する。

像高67.8cm、胸厚12.6cm

年代または時代

鎌倉時代後期

頭部はやや長く、目鼻立ちは中央に集め、眦(まなじり)が吊り上ってひねた表情を表現しています。体躯は、腕が太く、肉付けが豊かで弾力性があり、袴の襞は整然と刻まれています。国源寺の聖徳太子立像と並び、当市における聖徳太子信仰の盛時を代表する作品として貴重な存在と言えます。

木造南無仏太子立像

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114