文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

中曽司遺跡

(なかぞしいせき)

中曽司遺跡調査全景

中曽司遺跡は、橿原市の西北部、曽我川の右岸に位置し、明治・大正年間より採集資料を中心に紹介されています。1966年(昭和41)に奈良県立橿原考古学研究所が行った試掘調査により、近鉄真菅駅より西方約200mに位置する宗我都比古神社(そがつひこじんじゃ)を中心に、東西200m、南北300mに広がる遺跡として紹介されています。その後、橿原市教育委員会により数次にわたる調査が実施され、弥生時代前・中・後期をはじめ古墳時代前期までの遺構と土器、石器、木製品(鍬(くわ)・杵(きね))などの遺物が多量に出土しています。1987(昭和62)年度の調査では、宗我都比古神社の北側において幅1m、深さ0.5mを測る溝より全国的にもめずらしい家屋が描かれた絵画土器が出土しました。

 

土器出土状況

土器出土状況

中期土器

中期土器

関連リンク 絵画土器

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114