文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

南山古墳群

(みなみやまこふんぐん)

南山古墳群は香久山の南東部、現在は市営斎場および昆虫館がある丘陵上に存在していました。古墳群は古墳時代前期末から中期後半にかけての時期に築かれた5基の円墳からなります。

南山古墳群を有名にしたのは4号墳の存在です。4号墳は直径約18mと比較的小規模な古墳ながら、墳頂部からは陶質土器(とうしつどきわ)の動物形異形高坏、四口連環壷、小型器台、墳丘斜面上の副室(副葬品を納めるための施設)からは鉄鋌(てつてい)、鉄鏃(てつぞく)、馬具(轡(くつわ))、などといった豊富な遺物が出土しています。陶質土器や鉄鋌は朝鮮半島、とくに伽耶との深い関わりが想定される遺物です。これらの遺物は、4号墳の被葬者の性格を表すとともに、当時の社会情勢を色濃く反映したものとして貴重な資料です。

南山古墳群を築いた人々は、その立地から、飛鳥盆地北方を拠点とした人々である可能性があります。後に都が築かれる飛鳥地域の前史を知る手掛かりと言えます。

南山4号墳 動物形異形高坏

南山4号墳出土 動物形異形高坏

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114