文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

桝山古墳(崇神天皇皇子倭彦命墓)

(ますやまこふん すじんてんのうのみこやまとひこのみことのはか)

桝山古墳

桝山古墳は新沢千塚古墳群の東側、県立橿原高校の南東隣に位置しています。一辺約90m、高さ約15mの規模を測る三段築成の方墳です。方墳としては日本最大の規模を誇ります。表面で採取される埴輪から、5世紀前半に築かれたと考えられます。航空写真では、北東に前方部を向ける前方後円墳に見えますが、これは幕末に行われた修陵によって改変をうけた姿なのです。
第10代天皇の崇神天皇(すじんてんのう)の皇子である倭彦命(やまとひこのみこと)の身狭桃花鳥坂墓(むさのつきさかのはか)に比定されています。

関連リンク 観光 > 桝山古墳

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114