文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

曲川遺跡(平安~江戸時代)

(まがりかわいせき)

曲川池(現在は大型ショッピングセンター)南西部の発掘調査で確認された屋敷地には、堀立柱建物や井戸、南北方向の大溝などがあります。平安時代末(12世紀末)と考えられるこの大溝は、屋敷地の東限にあたり、その中心部は大溝の西側、池の南西部に広がっているものと思われます。出土した遺物の中には、碁石と「鶴と亀」が陰刻された硯がありました。また、同時期の井戸からは木簡が3点出土しており、その1点には「急々如律令」(きゅうきゅうにょりつりょう)と読できるものがありました。そのほかにも中国産の青磁皿や土師器なども出土しています。

航空写真

航空写真

 

 

 

関連リンク 曲川遺跡(縄文時代)

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114