文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

旧吉川家住宅

(きゅうよしかわけじゅうたく)

【県指定文化財】

旧所在地 中町(現在 大和民俗公園内)
建築年代 18世紀前期?
構造形式 桁行13.24m、梁間8.48m、入母屋造、茅葺、正面・両側面葺下ろし、背面庇・「なんど」、切妻屋根、本瓦葺

旧敷地は西側に南北の道に接し、南側に路地を作って南から主屋に通じていました。主屋は、喰違(くいちが)い4間取り、屋根は大和棟、周囲に本瓦葺の庇をめぐらしており、吉川禎一家と比べると、土間とミセノマ境・ナンド入口などが開放的となり、発達した形式を示しています。特に居室部の間仕切りの発展を知るうえでも貴重です。

旧吉川家住宅

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114