文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

旧六十八銀行八木支店
(旧和歌山銀行橿原支店)

(きゅうろくじゅうはちぎんこうやぎしてん きゅうわかやまぎんこうかしはらしてん)

【登録有形文化財】

所在地 八木町
建築年 1928年(昭和3)
構造形式 鉄筋コンクリート2階建、建築面積157平方メートル

この建物は、国道165号線沿い面して建っています。1928年(昭和3)に建てられた鉄筋コンクリート造の2階建てで、銀行として建てられ、その後一時的に映画館となったあと、再び銀行として使われていました。現在はウェディングレストランとして活用されています。

外観は建物両翼が張り出し、中央出口上部にアーチ型窓が設けられ、その両側は円柱で飾られており、ルネサンス風の意匠となっています。設計者の舟橋俊一は1924年(大正13)奈良県最初の鉄筋コンクリート造の郡山小学校を完成させ、関東大震災後の鉄筋コンクリート建築の流行の奈良においてリードしていた人物でした。

旧六十八銀行八木支店

 

 

関連リンク 観光 > 旧六十八銀行八木支店(旧和歌山銀行橿原支店)

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114