文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

久米寺多宝塔

(くめでらたほうとう)

【重要文化財】

所在地 久米町
建築年 不明(江戸時代初期?)
建造形式 三間多宝塔、とち葺

雷火で消失した当初の塔の代わりとして、京都仁和(にんな)寺から移築され、1985年(昭和60)の解体修理時に現在の場所に移されました。修理に際して、部材からは建立当初の番付(ばんづけ)に加えて、解体時、運搬時の番付などが見つかったことから、移築が裏付けられました。建立年代は、様式手法から江戸時代初期と考えられます。頭貫(かしらぬき)、木鼻(きばな)、須弥壇(しゅみだん)など細部に禅宗様(ぜんしゅうよう)が濃厚です。当初材をよく保持し、京都風のおだやかな手法を持ち、均衡のとれた多宝塔です。

久米寺多宝塔

 

 

関連リンク 観光 > 久米寺

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114