文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

旧米谷家住宅

(きゅうこめたにけじゅうたく)

【重要文化財】

所在地 今井町
建設年 18世紀中頃?
構造形式 桁行11.9m、梁間10.9m、切妻造、南面庇付 東面下屋付属 本瓦葺

旧米谷家は中町筋北側に面し、平入りで立ちの低い町家です。屋号を「米忠」といい、金具商を営んでいました。江戸時代5代目忠五良の時期に相当繁栄したとみられ、主屋西北側に「ざしき」を増築し、1849年(嘉永2)には内蔵・蔵前座敷(うちぐら・くらまえやしき)も増設しました。主屋内部は東側に通り土間には煙返しなどが取り付けられ、農家風のイメージが強いです。また土間の隅はシモミセを取り、居室は珍しく5間取りです。裏庭に建つ土蔵は、数奇屋(すきや)風の蔵前座敷(くらまえざしき)が付属しています。

旧米谷家住宅

 

 

関連リンク 観光 > 旧米谷家住宅

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114