文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

河合家住宅

(かわいけじゅうたく)

【重要文化財】

所在地 今井町
建築年代 18世紀後期
構造形式 桁行13.2m、梁間13.5m、2階建、東面入母屋造、西面切妻造、東面および南面庇付本瓦葺、西面および北面庇付桟瓦付

当家は、橿原市上品寺町の上田家より分家して移住したと伝えられています。その時期には、順明寺が17世紀初期頃今井に移った時、初代が同行し、「上品寺屋」の屋号で古くから酒造業を営み、現在に至ります、建物は中尊坊通りの西寄りにあり、東方には高木家があります。主屋の建築年代は18世紀後半頃とみられ、主屋東北隅に接続の納屋は、杜氏の宿泊所・休憩所・風呂・便所に供した建物で、19世紀初期頃改築されたと考えられます。外観の二階は白漆喰塗籠(しろしっくいぬりご)めとし、丸窓を開け、優れた意匠を示しています。大型の6間取りの平面をもち、東側に土間があります。今井町では比較的早い時期の2階建てで、1階の根太(ねだ)天井を低くして、2階を座敷に整え、竿縁(さおぶち)天井とし、座敷飾りを付加している点が特徴的です。

河合家住宅

 

 

関連リンク 観光 > 河合家住宅

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114