文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

順明寺表門

(じゅんみょうじおもてもん)

順明寺表門

【市指定文化財】

所在地 今井町
建築年代 1638年(寛永15)
構造形式 桁行3.147m、梁間2.130m、一間薬医門、切妻造、本瓦葺

順明寺は、旧北町、北尊坊通りの西端にある浄土真宗本願寺派の寺院で、北の御堂ともよばれています。屋根は降り棟(くだりむね)の付いた切妻造で、千鳥破風(ちどりはふ)に猪の目懸魚(いのめけぎょ)が付いています。板扉には入八双金具(いりはっそうかなぐ)が付き、両開きとなっています。建立年代についての確証はありませんが、文献によると表門は1638年(寛永15)の建立であることが窺われます。扉以外はすべて建立当初の材を残している、貴重な門です。

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114