文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

旧常福寺表門

(きゅうじょうふくじおもてもん)

旧常福寺表門

【市指定文化財】

所在地 今井町
建築年代 17世紀初期
構造形式 桁行3.06m、梁間2.60m、一間薬医門、切妻造、本瓦葺、

旧常福寺観音堂と同じく、明治初年の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって現在は廃寺となり、今井町春日講の所有になっています。表門は、境内の東端にあり、春日神社の門を兼ねる一間薬医門(やくいもん)です。建立年代については、確証はありませんが、称念寺蔵の1846年(弘化3)の「社地寺院本末御改帳写」に、常福寺表門、桁行丈間、梁行五尺五寸、瓦葺と記されていますが、虹梁(こうりょう)に彫られた絵様(えよう)、木鼻(きばな)、板蟇股(いたかえるまた)、実肘木(さねひじき)などの形式手法は、少なくとも17世紀初期を降らないものと考えられます。また、大棟(おおむね)鬼瓦に1732年(享保17)、東南隅蓋瓦(ふたかわら)に1772年(明和9)の瓦銘もあり、修理過程も知り得ます。

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114