文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

入鹿神社本殿

(いるかじんじゃほんでん)

【市指定文化財】

所在地 小綱町
建築年代 17世紀初期
見出しセル 一間社春日造、桧皮葺、西面

当社は廃普賢寺(はいふけんじ)の東南部の一段高い所に西面して建ち、もとは同寺の鎮守社であったようです。祭神は素戔鳴尊(すさのおのみこと)・入鹿大臣の両柱を合祀しています。一間社春日造(いっけんしゃかすがづくり)で、基壇上に建ち、土台を3段に重ねて高くしていますが、下2段は後の時代のものです。身舎(しんしゃ)は丸柱上に三ツ斗(と)を組み、背面を除く頭貫(かしらぬき)桁間に蟇股(かえるまた)を入れています。蟇股の形式が中世風の面影を残していますが、全体的には江戸初期頃の建立と考えられます。

入鹿神社本殿

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114