文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

百人一首絵馬

(ひゃくにんいっしゅえま)

【市指定文化財】

員数 14面
形状・寸法など 板絵着色、扁額形式
第1面~第2面・第5面~第14面/縦46.0cm、横182.0cm(枠共)
第3面~第4面/縦45.1cm、横94.0cm(枠共)
年代または時代

江戸時代末期

1846年(弘化3)

百人一首絵馬で今日知られる限りでは、京都高雄山神護寺蔵の1707年(宝永4)が最も古いものですが、完形のものは極めて少なく、年代は1世紀以上も新しくはなりますが、本絵馬はまとまって遺されており、完全に近い姿であることに大きな意義があるといえます。
絵馬は、14面からなっており、牟佐坐神社(むさにいますじんじゃ)拝殿の四周に掲げられていたものです。画師は南岳で、箱屋儀兵衛以下6人が世話人となり、氏子中が寄って奉納したもので、氏子の名も人数も知ることができます。
南岳はおそらく三輪南岳英念ではないかと思われます。その伝記について詳しくはわかりませんが、天保年中の画家南岳の絵は、ほかに見瀬八幡宮(みせはちまんぐう)に百人一首絵馬、中曽司磐余神社(なかぞしいわれじんじゃ)の三十六歌仙絵馬があります。

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114