文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

東坊城のホーランヤ

 

東坊城のホーランヤ

【県指定文化財】

東坊城町の八幡神社、春日神社を中心に毎年8月15日に行われる盛大な火祭で、町内の6つの小字から大小それぞれの松明に火をつけ、持ち寄って行われます。松明の大きなものは長さ4m・直径2m・重さ500kgもある巨大なものです。
この行事は、1年を2期に分けて考えていた古い時代に、正月の左義長(さぎちょう)火祭と対称とされる後半期初頭の火祭で、生活安泰のために災厄を祓う行事でありました。それが盆行事と結びついて、盆の火祭となり、他地方の盆の柱松明と同じ性格をもったものです。
盆の火祭が神社の境内で行われることについては、神仏習合の時代を経たこと、大日堂が八幡神社境内にあることなどによりますが、同時に氏神は村落の象徴であったからではないかと考えられます。
いずれにしても村落住民全体の行事として永く伝承された行事であり、夏の火祭としては県下でも代表的なものです。

 

関連リンク 歳時記 > ほうらんや火祭

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114