文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

木造大日如来坐像

(もくぞうだいにちにょらいざぞう)

【県指定文化財】

所在

十市町正覚寺

品質・形状・寸法など

桧材・寄木造・漆箔・彫眼

頭上に宝冠を戴く。智拳印を結び、右足を結跏趺坐する。

像高152.0cm、髪際高さ118.5cm、臂張89.2cm、膝張117.0cm

年代または時代

平安時代末期

明治の神仏分離までは十市御県坐神社の神宮寺大日堂の本尊でした。半丈六の大きさにふさわしい安定感に富む像容にまとめられており、穏やかな表情や彫りの浅い控えめな衣文線、抑揚の少ない体つきなどは平安末期(12世紀後半)の保守的な作風を示しています。

橿原市周辺に伝わる大日如来の中でも、本像は正蓮寺の大日如来坐像と並ぶ大作で、平安末期の県内の大日如来を代表する優品として価値が高いものです。

※本像は修理中のため、平成30年3月までご拝観いただくことができません。

木造大日如来坐像
木造大日如来坐像

 

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114