文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

弁天塚古墳

(べんてんづかこふん)

弁天塚古墳は橿原市の北部、現在の運転免許センターの位置に存在していましたが、今日ではその姿を見ることはできません。

古墳の全体像は不明ですが、全長60m前後の帆立貝式の前方後円墳であったと推測されています。この古墳は1966年(昭和41)と1988年(昭和63)に発掘調査が実施されています。特に2回目の調査では、墳丘に立て並べられていたと考えられる特殊器台(とくしゅきだい)と特殊壷(とくしゅつぼ)の破片が多く出土しました。特殊器台と特殊壷は埴輪の祖形であり、吉備地方(岡山県)にその系譜が求められます。ごく初期の古墳に限って認められる遺物で、奈良盆地の真ん中に極めて古式の古墳が存在していたことが注目されます。

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114