文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

大和三山 香具山・畝傍山・耳成山

(やまとさんざん かぐやま・うねびやま・みみなしやま)

橿原市を代表する景観であり、万葉集(まんようしゅう)にも詠われた大和三山は、平成17年7月14日に国の名勝に指定されました。古くから多くの和歌に詠まれた由緒(ゆいしょ)ある景観であるだけでなく、現代でも広く親しまれている点が、高く評価されています。
また、大和三山に囲まれた平野部分には、古代の都・藤原京の中心であった藤原宮(ふじわらきゅう)が造営されていました。その際には、大和三山の位置が重要な立地条件になったと考えられています。藤原宮のあった場所は、現在、特別史跡藤原宮跡(とくべつしせきふじわらきゅうせき)として保存されており、そこから大和三山へ優れた眺望が望めます。

大和三山は奈良県で13番目、橿原市では初めての国の名勝となります。

関連リンク 観光 > 大和三山とは

 

橿原市にある香具山(かぐやま)、畝傍山(うねびやま)、耳成山(みみなしやま)の三つの山を総称して、「大和三山」呼びます。

 

香具山(藤原宮跡から)

香具山(藤原宮跡から)
香具山(標高152.4m)

 

多武峰(とうのみね)山系から延びた尾根が、長い年月の中で浸食され、香具山の部分だけが残りました。風土記(ふどき)には天から降ってきたという伝承が残り、大和三山の中で最も神聖視された山です。そこから「天の香具(久)山」とも呼ばれます。

 

畝傍山(藤原宮跡から)

畝傍山(藤原宮跡から)
畝傍山(標高199.2m)

 

大和三山の中で最も高い山で、死火山です。麓は神武天皇が宮をおいたところとされており、現在は橿原神宮や神武天皇陵の森が、深閑(しんかん)とした雰囲気を湛(たた)えています。

 

耳成山(藤原宮跡から)

耳成山(藤原宮跡から)
耳成山(139.7m)

 

畝傍山と同じく死火山で、大和三山の中では最もバランスの取れた美しい形をしています。

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114