文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

「日本遺産」について

K209_02

日本遺産(Japan Heritage)とは

平成27年度に文化庁が新たに創設した、文化財版クールジャパンです。地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財などを地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することにより、地域の活性化をはかるものです。

「日本国創成のとき ~飛鳥を翔(かけ)た女性たち~」の認定

橿原市と高取町と明日香村が文化庁に申請していました“女性たちが活躍した軌跡で語る飛鳥時代の新たな物語「日本国創成のとき-飛鳥を翔(かけ)た女性たち-」”が、平成27年4月24日に「日本遺産」に認定されました。

ストーリの概要

 日本が「国家」として歩み始めた飛鳥時代。この日本の黎明期を牽引したのは女性であった。

 この時代の天皇の半数は女帝であり、彼女たちの手によって、新たな都の造営、外交、大宝律令を始めとする法制度の整備が実現された。また、文化面では、女流歌人が感性豊かな和歌を高らかに詠い上げ、宗教面では、尼僧が仏教の教えを広め、発展させるなど、政治・文化・宗教の各方面で女性が我が国の新しい“かたち”を産み出し、成熟させていった。

 日本国創成の地である飛鳥は、日本史上、女性が最も力強く活躍した場所であり、その痕跡が色濃く残る地である。

 

日本遺産画像(外部リンク)

 

今後の取り組み

国の財政支援を受け、橿原市・高取町・明日香村及び関係団体と連携のもと、日本遺産に認定されたストーリーとそれに登場する文化財等を中心に情報発信、普及啓発等の事業に順次取り組み、郷土に対する誇りと愛着を醸成するとともに、観光や地域の魅力を高め、国際的に飛鳥の知名度の向上を図ります。

詳細情報

ストーリー「日本国創成のとき ~飛鳥を翔(かけ)た女性たち~ 」(PDF:602KB)

ストーリーを構成する文化財が所在する地方自治体位置図(PDF:312KB)

ストーリーを構成する文化財位置図(PDF:630KB)

ストーリーを構成する文化財(一覧表)(PDF:203KB)

ストーリーを構成する文化財写真一覧(PDF:5,679KB)

関連リンク

日本国創成のとき~飛鳥を翔た女性たち~(外部リンク)

文化庁 日本遺産(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114